AWS Code Commitでバージョン管理やってみよう

開発環境

前置き

これから新規のゲームを作っていきたいのですが、その前に、今後のためにバージョン管理の準備をします。バージョン管理をすることで複数人or複数デバイスでの開発や、作業を元に戻したり、ある時点でのバージョンを保管したりが楽になったりするやつです。

今回使用する環境は AWS (Amazon Web Service) の CodeCommit というサービスです。こちらはGit環境で個人利用程度であれば無料範囲内で使用する事ができそうです。

料金 – Amazon CodeCommit | AWS

早速環境を用意していきます。

手順

AWS CodeCommitにアクセスしてログインする

↓こちらにアクセスしてコンソールにサインインします。
AWS CodeCommit
初めて利用する場合は初回の登録などあると思います。そこは良しなに。

AWSマネジメントコンソール内の CodeCommit を選択する

一覧の中の「開発者用ツール」→「CodeCommit」を選択します

リポジトリの作成を選択する

リポジトリ名と説明を記入して「リポジトリの作成」を選択する

「Eメール通知の設定」はとりあえずスキップする

チーム開発の場合は確認しておいた方がよいです。

リポジトリのURLを保管しておく

リポジトリ作成後に表示される項目のうち、下図のURLが後に必要となりま

IAMユーザーを作成する

IAMユーザーとはAWS上でサービスの権限を管理するためのユーザー的なやつです。
↓こちらのページを参考にIAMユーザーを作成します。
Git 認証情報を使用する HTTPS ユーザー用のセットアップ – AWS CodeCommit
「アクセスの種類」は「プログラムによるアクセス」にチェックを入れます。

次のアクセス権限のページで、新しくグループを作成します。
グループ名を入力した後、ポリシータイプの検索に「CodeCommit」と入力して、検索結果に出てくる「AWSCodeCommitFullAccess」にチェックを入れ、グループの作成を選択します。

作成したグループに対して、「ユーザーをグループに追加」を選択します。

作成したIAMユーザーによってCodeCommitに接続できるようにする

ユーザーの作成が完了したら、一旦 IAM Management に戻り、左メニューの「ユーザー」から、作成したユーザーを選択します。

「認証情報」のタブの下の方にある「AWS CodeCommit の HTTPS Git 認証情報」のところまでスクロールします。
※今回はGitへのアクセス方法はとりあえずHTTPSを使用します。

「生成」を選択すると、CodeCommitへ接続するための ID と Password が表示されるので忘れずメモしておきます。
後から再び見ることができないのでここで必ずメモしておきます。

SourceTreeを使用してCodeCommitからリポジトリをクローンする

バージョン管理ソフトは SourceTree を使用します。
「新規」→「URLからクローン」を選択します。

先ほどメモしたGitのURLを入力すると、UsernameとPasswordを入力するように言われるので、先ほどのIDとPasswordを入力します。

(おまけ)最低限のディレクトリ構成を用意する

プロジェクトのフォルダ直下にゲームプロジェクトを作成するのではなく、バージョン管理の際の一般的な(?)構成である、trunk / branches / tags の3フォルダを作成して、trunkの下にゲームプロジェクトを作成するようにすると、後々いいことがあるかもしれません。

後書き

以上の手順によってゲームプロジェクトを AWS CodeCommit + SourceTree でバージョン管理するための準備が整いました。一度環境を構築すれば、Windows でも Mac でもリポジトリをクローンして開発することができるので今のうちに動作確認しておくと良いかと思います。